トロフィー制作☆徹底リサーチ

トロフィーを作ってもらうときのセオリーは

トップ > トロフィーのお得情報 > トロフィーを作ってもらうときのセオリーは

トロフィーを作ってもらうときのセオリーは

特定のトロフィー制作業者に、トロフィーを作ってもらうときのセオリーとしては、とにかく業者選びをすることだといえます。
信頼と実績のあるトロフィー制作業者なら、いろいろなところでピックアップされている傾向があるので、少し工夫をすれば見つかるはずです。
パソコンやスマートフォンを使ってインターネット上にアクセスして、そこから口コミ情報サイトや人気ランキングサイトを利用しつつ、全国規模で調べてみると良いでしょう。
うまくいけば、いろいろなところにトロフィーを寄贈してきたような、百戦錬磨の業者の情報にたどり着くことができます。
後は、その業者に関して詳しく調べるために、ホームページをチェックするのが基本的な流れです。
ホームページでは、今までの作成事例なども、確認することができるでしょう。


インターネット上からお願いをするとなると、送料が発生するので注意です。
時に大量に発注する場合は、送料が大きくなる可能性もあるので気をつけておきましょう。
ただ、良心的なトロフィー制作業者は、大量に発注すると送料がリーズナブルになったり、もしくは無料になったりします。
できるだけ余計なところにお金がかからないような制作業者を選ぶことも、非常に大きなポイントです。
それから、インターネット上でやり取りを完結させるときは、ファイルにしてデザインをメールに添付し、伝えるやり方が良いでしょう。
もしそれができないのであれば、ファックスを使って、しっかりと伝えることが大切だといえます。
無理をせずに、自分なりのやりやすいやり方で大丈夫です。
今後も大量に発注するつもりなら、法人契約を交わしておいた方が良いでしょう。


デザインが全く思いつかない場合は、優秀なデザイナーが在籍しているトロフィー制作業者に声をかけるのも、1つの有効的な手段となります。
デザイナーに相談を持ちかけて、コンセプトを明確に伝えれば、そのコンセプトに基づいたトロフィーを作ってもらうことが可能です。
ただし、その場合はデザイナーのデザイン料が発生してしまうことが多いので、予算オーバーにならないように気をつけておきましょう。
完全なオーダーメイド作品になってしまうことを考えると、返品交換はほぼ難しいです。
業者によっては可能かもしれませんが、できないと考えておいた方が無難だといえます。
だからこそ、ネット上でやり取りをする時などは、お互いの考え方にすれ違いが発生しないように、慎重にミーティングを繰り返すことが重要となるでしょう。

次の記事へ

先頭に戻る